本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 事例紹介  > 瓦の葺き直し BEFORE~AFTER  > 瓦の撤去の流れ

瓦の撤去の流れ

素早く、大胆に、そして慎重に

瓦の葺き直し工事は、お施主様がお住まいになりながらの工事がほとんどです。
工事中の雨漏りは許されません。
したがって、早く瓦を降ろして早く防水のためのシートを敷かなければなりません。無理をせずに、一日で終えられる範囲を区切って、瓦を撤去していきます。

ここでは、現場の周辺にある程度スペースの余裕があり、クレーンを使用して瓦を撤去する場合と、周囲に家々が隣接しており、手作業で瓦を降ろす場合との作業風景の違いをご紹介いたします。


瓦の撤去

周囲に十分なスペースが確保できる場合、大型クレーンを使用し瓦等を撤去します。

周囲に家々が隣接しています。手作業で丁寧に瓦を撤去していきます。

クレーンは素早く大量に瓦を運べます

シューターで地道に1枚ずつトラックへ

クレーンで、素早く土も撤去できます。その他の廃材も効率よく撤去。

なるべくほこりを立てないよう、手作業で慎重に土を撤去します

全ての清掃が終わりました

こちらも清掃が終わるところです

傷んだ箇所は今のうち補修しておきます

こちらも傷んだ箇所を補修

防水シート (ゴムアスルーフィング) を敷き、これで雨が降っても大丈夫です。ここまでを一日で終わらせます。

予定通り一日でゴムアスルーフィングまで敷き終え、これでやっと安心できます。

時にはルーフィングまで終わらない事もあります。その場合、ブルーシートで厳重に養生します。

古くなった瓦の交換、屋根の軽量化やリフォームをするためには、まず今ある瓦を撤去しなければなりません。
屋根の葺き直しの工事で最も神経をとがらせる工程です。
当然、お施主様がお住まいになっていますから雨漏りは許されません。もたもたしていてはいけないのです。瓦をおろし、屋根を清掃後、素早く雨の養生をしなければいけないので、大胆に作業を進めていきます。
しかし家々が隣接している地域では、素早さばかり言ってはいられません。どんな瓦屋根でも、大量の土が使われていて、どうしても埃が舞い上がってしまうからです。屋根に水でも撒ければいいのですが、それは無理です。ただ慎重に手作業で土を取り除き、なるべくほこりを立てないよう気を使いながらの作業となります。
瓦の撤去は、「大胆さと慎重さ」 両方が必要で、毎回緊張が絶えません。

神社・仏閣などの特殊な瓦葺

弊社は、これまで神社仏閣合わせて、100等以上の実績などがございます。お寺の特殊な瓦や役物の施工には、熟練した技術と経験が必要で、それらは仕上がりに明確に現れます。
また、積算にも豊富な知識と経験が必要で、過去の実績から的確な工法や工程、資材を算出します。
積算から施工、管理、までも自社にて行いますので、適正なお見積もりを迅速にご提示させていただきます。

過去の実績

医王寺 鐘楼堂・山門 (磐田市)崇信寺 山門 (森町)長栄寺 鐘楼 (静岡市)
教念寺 本堂 (焼津市)八尊光倫会 本堂 (小山町)林泉寺 本堂・庫裡 (焼津市)
孤運院 本堂 (焼津市)法昌寺 本堂・庫裡 (焼津市)真福寺 山門 (旧清水市)
八坂神社 拝殿 (焼津市)蓮永寺 本堂 (静岡市)棹月庵 本堂 (牧之原市)

屋根に関わる板金

屋根に関わる板金は自社で施工いたします。※1
施工の工程がスムーズにいくメリットと、工事の発注の手配の簡素化、また同時に施工ができるため、コストの合理化等が図れます。
現在、屋根板金工事を切り離して発注されている様でしたら、合わせて弊社にご依頼いただければと存じます。

※1(新築の雨桶は除かせていただきます。)

  • 施工可能な板金
  • 広小舞キャップ(小口キャップ)
  • 軒先水切り
  • 捨て谷
  • 本谷
  • 雨押さえ
  • その他
  • 葺き替えの際の雨桶交換


太陽光パネルの設置

弊社は、太陽光パネルメーカー6社のIDを取得しております。私共は新築住宅へ太陽光パネルを設置する際、屋根工事者が噴き上げと同時に施工するのが理想と考えます。
ひとつは。雨漏り等のクレームが発生した際の責任の所在の問題があります。通常、太陽光パネルを設置した屋根で雨漏りが発生した場合、まずは太陽光パネルが原因と考えるのが普通ですが、複数の業者が施工したとなると、その責任がどちらにあるのかで困ることが無いとは限りません。
次に、施工方法が挙げられます。近年、瓦のほとんどが防災仕様になっていて、葺き上げた順番でないと、瓦を外せない仕組みになっております。しかも、マニュアル通りに施工してあれば、全て釘で固定してあるので、通常めくることは不可能です。つまり一度葺き上げた瓦屋根に太陽光パネルを設置するには、防災機能を壊して取り付けなければならないのです。
既築の住宅な仕方ありませんが、新築住宅で防災機能を壊す事は、本当はしたくありません。また、防災瓦を外す際、万が一周辺の瓦のアンダーラップを破損させたこと気付かないでいた場合、最悪雨漏りに至る恐れがあります。
噴き上げと同時に施工すれば、以上のような心配はありません。
太陽光パネルの設置自体は、難しい作業ではありません。ただ、施工工程を工夫するだけで、トラブルのリスクを大幅に減らすことができると弊社は考えます。

Copyright(c) 丸寿瓦工業株式会社 All Rights Reserved.