本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 事例紹介  > 今月の工事  > 雨漏り修理 谷の交換

雨漏り修理 谷の交換

問題の瓦屋根部分

雨漏り修理のため谷の交換と同時に、瓦の葺き直しをします

建物の接続部分からの雨漏りが続き、お施主様自ら修理をしてきましたがなかなか収まらず、
この度、谷樋を交換させていただく事になりました。

接する瓦もズレが進行し、こちらも雨漏りの原因となることから、
片面だけ葺き直させていただく事になりました。


古くなって穴が開いた銅板の谷樋。
勾配にも問題がありそうです。また、瓦もズレ下がっていることがわかります。
今回は塩ビ製の谷専用コイルを使用し、谷幅を今よりも広く取る計画です。
谷コイルは耐候性が高く、長持ちします。

まずは片面の瓦をすべてめくります。

大量の土が使われています。

大量の土を取り除くのに
かなりの時間がかかります。

桟木が所々折れたり、曲がったりしています。
これが瓦のズレの原因となります。

谷を交換し、ルーフィングで防水します。
谷の幅をかなり広く取っていることがわかります。

ここまでくれば、もう雨は安心です。

瓦を元通りにするため瓦桟を打ちます。

厚い桟木を使用するため、折れたり曲がったり
しにくいようになります。

馴染み土を使用し瓦を葺き上げていきます。

良く固まる南蛮土を使用するため、
かなり少量の土でもしっかりと固定されます。

瓦の復旧完了。

瓦の新旧に関わらず、
これが本来の瓦屋根の姿です。

一番先端の瓦を1段無くし、
以前と比べると、谷の幅が
広く取れていることがわかります。

壁にも新たに角波トタンを張り、
水の浸入を完全に抑えます。

以前は片側にだけ排水されていましたが、
建物の構造上、勾配を取りにくいため
反対側にも排水を設けました。

両側に排水を設けることにより、
水の流れをスムーズに改善しました。
これでもう安心です。

Copyright(c) 丸寿瓦工業株式会社 All Rights Reserved.