本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 事例紹介  > 今月の工事  > 屋根の葺き直し ガルバリウム鋼鈑

屋根の葺き直し ガルバリウム鋼鈑

純和風の日本瓦の屋根

日本瓦をガルバリウム鋼鈑に葺き直します

建物の耐震工事が済んで、更に耐震性をアップさせるため、屋根の軽量化をされるそうです。

現在の日本瓦も、痛みが来ていることから丁度良いタイミングかもしれません。


施工前の様子。

瓦をどんどんめくっていきます。

下ではレッカーが瓦礫をダンプカーへと運びます

瓦が撤去され、土や古い桟木を撤去します。

丁寧に手作業でごみを取り除きます。

徐々にきれいになっていく屋根。

全て取り除かれた状態。
野地に痛みがないことを確認し、
合板を上から張り増しします。

野地を張り増ししたところ

ルーフィングを敷いて、下準備完了です。
ここまで1日で仕上げました。

いよいよガルバリウム鋼鈑を葺きます。
軒先の様子。
野地を張り増しする際、
樋のかかりを良くするため
少し野地を出しておきます。

けらば唐草

ここでは、横葺きのエバールーフⅠ型を使用。

シャープな横ラインがかっこいいです。

純和風住宅に良くマッチします。

棟を取付けます。

壁際を折り曲げて、水の浸入を防ぎます。
下には捨て水切りを設置しています。

完成です。既設の雨押えを使用し、
雨仕舞は万全です。

横ラインが和風住宅に本当に良く合います。

日本瓦と全く違う雰囲気となった屋根。
重さは約1/10 に減量されました。

Copyright(c) 丸寿瓦工業株式会社 All Rights Reserved.