本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 事例紹介  > 最近の工事  > 雨漏り修理

雨漏り修理

立派な棟を解体し、積みなおします。

立派に7段積み上げられた棟をすべて積み直します

いつもお世話になっている工務店様からのご依頼です。
内装のリフォームをしようとしたところ雨漏りを発見。雨漏りを直さずしてリフォームはできないと急遽
修理のご依頼をいただきました。
年月がたっており、割れやすい瓦ですが棟から雨漏りしているので、全て棟を積みなおすことにいたしました。
7段の棟からは大量の土が出ることが予想されます。


まずは工事の準備から。

大量の土を上げ下げするための機会と、
瓦の仮置と作業をするための
足場を設置します。
これだけでもかなりの時間を要します。

とても立派な屋根だと言うことがわかります。

南アルプスや富士山、反対側には海が見えます。
屋根の上は最高の景色です。

棟の解体の開始です。

マサミさんが必死です。
今日中に解体が終わればよいのですが。

それにしてもすごい土の量です。

2tダンプ1車ほどの土があると思われます。

なんとか棟の瓦を取り除きました。

しかしまだ金具の取り付けがあります。

強力棟工法

ステンレス製の棟金具を設置します

棟金具は垂木ごとに設置。
建物と棟を一体化することができ、
地震に対する耐力が大幅に上がります。

2日目
ようやく1段目の瓦を積み始めます。

それにしても大量の土を使います。
降ろした分だけ土を使うのですから当然です。

3日目

ひたすら瓦を積み上げます。
残り3段です。

大きな鬼瓦

針金を何重にも束ねて
しっかり固定します。

日が傾き始めて最後の丸瓦を積んでいます。

3日間を要し、予定作業がもう一息で終了です。
雨漏りの解消と同時に
頑丈な防災仕様の屋根になりました。

Copyright(c) 丸寿瓦工業株式会社 All Rights Reserved.