本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 事例紹介  > 最近の工事  > カラーベスト葺き直し

カラーベスト葺き直し

折れている部分から下で雨漏りがおきている。

古くなったカラーベストの雨漏り。

カラーベストの雨漏りの修理は特性上、意外と難しいものです。
今回は、某公園内にある食堂兼レストハウスの一部分の雨漏り修理です。
ログハウスで屋根が途中で折れている造りで、以前から雨漏りがおきていたとのことですが、
カラーベストの場合、完全に割れている場合などを除き、原因を特定することが特性上難しく、
部分的な補修で完全に雨漏りを止められる保証ができません。
原因はいろいろ考えられますが、今回折れている部分から下をガルバリウム鋼鈑に葺き替えることに
させていただきました。


中央付近、盛り上がっている部分があります。
これも雨漏りの原因の一つと考えられます。
古いカラーベスト、並びに野地板もすべて取り除き、
大工さんに野地が平らになるよう、
下地を調整いていただきます。

古いカラーベストを剥していきます。
当日は朝のうちあいにくの小雨でした。

全てのカラーベストを撤去します。

全てのカラーベストを取り除きました。
幸い下地は全く傷んでいませんでした。

続いて野地板をはがすと、断熱材と問題の垂木が
あらわれました。
大工さんに垂木の高さを野地が平らになるように
調整していただきます。

下地の調整が終わり、新しい野地を張ったあと、
粘着性のアスファルトルーフィングを
貼っていきます。

粘着性のアスファルトルーフィング。
雨漏りしやすい勾配のゆるい屋根などに
使用します。

屋根折れ部分の上側は、新しい雨押えに交換し
元通りにします。

屋根折れ部分の復旧完了。
ここも雨漏りしやすい箇所のため、
念入りに施工します。

下地の完成。1日でここまで仕上げました。
この状態ですでに雨漏りは止まっています。
大工さんに下地を調整していただき、
野地も平らに直っていることがわかります。

この後改めて採寸して、ガルバリウム鋼鈑を加工します。

いよいよ本体の葺き上げですが、
先ほどまで晴れていたのに
急に雨が降り出しました。

今回は横葺きのアポロルーフ。
周りのカラーベストと馴染むように
薄型のタイプにいたしました。

細部の仕上げをして
完成です。

完成しました。
部分的に真新しい屋根に変わりました。
これで雨漏りの心配もありません。

Copyright(c) 丸寿瓦工業株式会社 All Rights Reserved.