本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 商品情報  > 過去の工事  > 2016/11

2016/11

今月行っている現在進行中の工事の一部をご紹介させていただきます


以前から屋根の重さを気にされていました。随所に傷んだ瓦があり、草が生えるなど雨漏りの可能性もありましたので、軽量瓦の「ルーガ」に交換させていただく事となりました。
その際、お施主様が日本瓦のを大変気に入れられていましたので、このお宅のアイポイントとなる玄関の上の入母屋は日本瓦を使い、重厚な雰囲気をできるだけ残す様工夫をしました。


2階の屋根にかかっていた足場を撤去し、いよいよ1階部分の瓦撤去に入ります。
面積は2階の約3倍。人数を増員、クレーンを大型化しての工事です。


カラーベストの傷みが進み、雨漏りが発生しています。

ご自身で何度か塗装をされていたようですが、劣化が激しいためにそれ以外の対策が必要でした。

屋根が大きく、全部のカラーベストをはがすとなると、かなりの費用がかかることから、ガルバリウム鋼鈑をそのままかぶせる、「カバー工法」をお勧めさせていただきました。

今寿命を迎えているカラーベストには、ほぼアスベストが含まれていて、処分費だけでかなりの費用がかかってしまうばかりか、はがす際にアスベストが飛散するのを防ぐため、撤去工事の際に防護ネットが必要です。
そのため、撤去費用とネットの仮設費用がダブルでかかるのです。カバー工法はその費用がかからないのがメリットです。

また、お施主様は鉄板だと雨音を心配されています。しかしそれもカバー工法の利点で、下に残したカラーベストがうまく雨音を吸収し、あまり気にならないと言います。

増加する重量も金属板は、約5Kg/坪と知れています。カバー工法は優れた工法なのです。


セメント瓦の劣化が進み、次々に割れてしまう状況。
更に廃番商品のため、割れた瓦を交換する事も出来ず、この度屋根の軽量化もねらい
ガルバリウム鋼鈑に葺き直させていただく事になりました。


セメント瓦とは言え、瓦用の屋根と板金用の屋根の造りは微妙に違います。
更に、今回は樋をそのまま再利用するとのことで、樋のかかり位置にも瓦と板金屋根とでは違いがあります。

その辺を頭に入れながら工事を進めないと、後で取り返しのつかない事になりかねません。
過去の失敗も決して無駄ではない、瓦から金属屋根への交換は経験がものをいう仕事です。


Copyright(c) 丸寿瓦工業株式会社 All Rights Reserved.